GitHub製テキストエディタAtomの超便利な検索機能について

2017年2月16日

TOOL

GitHub製テキストエディタAtomのおすすめパッケージ&テーマ計12選!に続くテキストエディタAtomの記事です。

Atomは標準で便利な機能が用意されていますが、今回はその中でも特に便利な「検索機能」について紹介します。
※ ショートカットキーはすべてMac用のみを表記しています。ご注意ください。

Atomのインストールはこちらから atom.io

ファイル/プロジェクト内の文字列検索

以下のショートカットでファイル内もしくはプロジェクト内の文字列を検索するためのパネルが開かれます。

  • ファイル内の文字列検索: command + f
  • プロジェクト内の文字列検索: shift + command + f

ファイル内検索のパネル

プロジェクト内検索のパネル

どちらも検索する文字列を入力するフィールドが用意されており、このフィールド右側には「正規表現の使用」「大文字小文字の区別」「入力した文字と完全一致する文字列のみ」オプションを切り替えるアイコンがあります。
さらに下には検索した文字列を置き換えるためのフィールドも用意されており、1つずつもしくは全てをまとめて置き換えすることができます。

プロジェクト内検索のみ、検索したいディレクトリや拡張子を指定して絞り込むフィールドが用意されていますね。

プロジェクト内のファイル検索

command + tもしくはcommand + pでファイル検索パネルが開かれます。

この機能は非常に優秀で、探したいファイル名をざっくりと入力するだけでAtomが空気を読んで目的のファイルを検索候補に表示してくれます。
より細かく検索を行いたい場合も、ファイル名の前にディレクトリ名をスペース区切りで指定するだけでOK!


以上です!
この2つの機能がとても便利で扱いやすいおかげでAtomが手放せなくなります!是非お試しください。